既製品の神話

 

 

 

彼女が取り組んでいるテーマの1つは「既製品の神話」というものです。

既存のキャラクターや既製品をモチーフに取り上げ、アルミホイルや古着のジーンズ、梱包材といった、多くの人にとって身近な素材を使って制作されます。

彼女独自の目線で選ぶ題材は、ある物語の登場人物、ファスト・フードやアニメのキャラクター、動物のぬいぐるみ、お菓子のパッケージ、履き古したブーツ、ビンテージのラジオといったもので、それらは彼女に影響を与えてきたものです。

彼女の表現は常に人間の存在が中心的な動機です。人間を取り巻くあらゆるものは第2の自然として捉えています。

この作品群の制作は、「全部嘘だった」という発想から始まります。

真実だと誤解されている嘘、多くの人々が信じていることが嘘である世界について考えています。

彼女にとって、アートとは動揺すること、という1つの主張が大きな役割を占めています。