​既製品の神話​ ー 私の世界は説明もつかず非合理的なものです。既存のキャラクターや既製品をモチーフに取り上げ、アルミホイルや古着のジーンズ、梱包材といった、身近な素材を使って制作しています。選んでいる題材は、ある物語の登場人物、ファスト・フードやアニメのキャラクター、テディベア、お菓子のパッケージ、履き古したブーツ、ビンテージのラジオといったもので、それらは私に影響を与えてきたものです。素材は本来の目的や用途とはかけ離れ、選ばれた題材はオリジナルとは異なるイメージに変換されます。私の表現の動機は人間の存在です。人間を取り巻くあらゆるものは第2の自然として捉えています。お菓子の包み紙ひとつにも人の影が見えます。それはエネルギーと言い換えてもいいかもしれません。この作品群は「全部嘘だった」という発想が根源となっています。